優位なドーシャについて

 前述のように優位なドーシャは、肉体、エーテル体、アストラル体、メンタル体とそれぞれの身体毎にあります。アーユルヴェーダで主に扱われるのは肉体とエーテル体で、肉体の優位なドーシャが主に肉体的な特徴を、エーテル体の優位なドーシャが主に気質や生理的な特徴を表しています。
 自分の肉体とエーテル体の優位なドーシャを知る方法は、一般的なアーユルヴェーダにおける3ドーシャ別の特徴(表1)からある程度は知ることが出来ますが、詳しくは竹下雅敏氏が提供する東洋医学セミナーをご覧ください。
 なおその講座で開示された、肉体とエーテル体別に分けられた、優位なドーシャ別の問診票を一部ですが、それぞれ表2、表3に示しましたので、参考にしてください。

 表1 (3ドーシャ別の特徴を示す表:シャンティ・フーラのホームページより引用
ヴァータ体質 ピッタ体質 カファ体質
体型 体格 やせ形。背が高いか低い。肩幅が狭い。腰が小さい。手足が長いか短い。 中肉中背。手足の長さは普通。 低く肥満傾向か、背が高くたくましい。肩幅が広い。腰が大きい。
体重 体重が増えない。 体重を増やすのも減らすのも問題ない。 体重を減らすのが難しい。
筋肉 筋肉の発達が悪い。 筋肉が引き締まっている。 筋肉が豊富。
皮膚 薄く乾燥。黒ずんでいる。ひんやりしている。血管が浮き出ている。 柔らかく光沢がある。赤くなりやすい。温かい。そばかすやほくろが多い。 厚く脂性。青白いか白い。冷たい。血管が見えにくい。
関節 節くれ立っている。ポキポキ鳴る。角張っている。 均整がとれている。 大きい。
顔形 顎が未発達。目鼻が小さい。 顎が角張っている。目鼻が整っている。皺が目立つ。 大きく丸くふくよか。目鼻が大きい。
毛髪 細い。粗い。縮れ毛か巻き毛。 細い。柔らかい。若はげ。若白髪。 濃く豊富。光沢がある。
不規則。出歯。歯茎がやせている。 中くらい。黄みがかっている。 大きい。白い。歯並びがよい。歯茎が丈夫。
細い。非常に長いか短い。 均整がとれている。 太い。
生理 季候 温かさが不可欠。 涼しさを好む。 寒さに耐えるが暖かさを好む。
少量。 多量。暑いときは特にひどく汗をかく。体臭が強い。 普通。
食事 食欲にむらがある。温かい飲食物を好む。 食欲旺盛。食事抜きで不機嫌になる。冷たい飲食物を好む。消化力が強い。 安定した食欲。食事抜きを我慢できる。食べ物にお金をかける。
睡眠 浅い。不眠傾向。昼に深く眠ることがある。 深く短い。 長時間眠るのを好む。
排泄 不規則。便秘傾向。ガスが溜まりやすい。 便がゆるい。便通の回数が多い。 大量。ゆっくり排泄。便通が規則的にある。
行動心理 性格 創造的。夢想的。優柔不断。心配性。 知的・論理的。計画実行型。リーダー役。短気。怒りっぽく批判的。 愛情深い。穏やかで急がない。人間関係の調整役。物を溜め込む。執着が強い。
行動 速い。変化を好み常に色々なことをやっている。無駄な動きが多い。 正確。無駄がない。完璧主義。 ゆっくり。心穏やかで安定している。活気がない。
会話 早口。おしゃべり。しわがれ声やかすれ声。 話が上手。興味のあることは誰にでも話す。話し方がきつい。金属的な高い声。 ゆっくり穏やか。訥弁。必要な時か話しかけられた時だけ話す。静かな声。
集中力 熱しやすく冷めやすい。 普通。 新しいことをあまり始めないが、始めたら集中する。
持久力 激しい運動に耐えられない。すぐに体力を使い果たし回復するまで落ち込む。 普通。体力配分をコントロールできる。 長時間の労働によく耐える。病気にかかりにくい。
記憶力 覚えるのが早い。忘れるのが早い。 系統的に理解し記憶する。 覚えるのに時間がかかる。一旦覚えると忘れない。
適応力 新しい環境に影響されて溶け込む。 新しい環境に適応して溶け込む。 なかなか溶け込めない。
信念 そのときの気分で頻繁に変わる。 極端に強く行動を伴う。 深く安定し、簡単に変えられない。
経済 浪費傾向。 高級品志向。 貯蓄傾向。
生活 スタイルに一貫性がない。 多忙。 安定していて規則的。
 表2 (肉体の4ドーシャ別問診票:竹下雅敏「東洋医学セミナー」より一部抜粋)   表3 (エーテル体の4ドーシャ別問診票:竹下雅敏「東洋医学セミナー」より一部抜粋)

 「優位なドーシャについて」における参考文献等
 ■竹下雅敏「東洋医学セミナー」 中級・上級
 ■「大いなる生命学」 青山圭秀著、三五館
 ■「インドの生命科学アーユルヴェーダ」上馬場和夫・西川眞知子著、農文協
 ■「ファンタスティックアーユルヴェーダ」蓮村誠著、住宅新報社

▲pagetop