アーユルヴェーダは正しい医学

 アーユルヴェーダは、その昔神から授けられたと言われ、生命(アーユル)の科学(ヴェーダ)と訳され、その内容は、宇宙創生の話から始まります。  何が根源でどのようにして始まったか?
 その根源は、実は意識であり、純粋な意識であると言われています。そしてその純粋意識から現象世界が出現する過程が、開示されています。
 それによると、万物は、地、水、火、空、風という5つの基本元素から造られます。
 そして人間に限らずすべての物質は、これらの元素の組み合わせにより定義される三つのエネ
ルギー(ドーシャと呼ばれる)によって、維持されます。
 この3つのドーシャとは、風と空の元素の組み合わせからなるものと、火と水の元素の組み合
わせからなるものと、水と地の元素の組み合わせからなるもので、それぞれ順にヴァータ、ピッタ、
カファと呼ばれています。さらにヴァータは、チベット医学やヒポクラテス医学では、二つに分けられています。そして竹下雅敏氏もこのヴァータを同様に二つに分け、ヴァータの中で陽性のものを太陽のヴァータ、陰性のものを月のヴァータと呼び、ドーシャを4種類として解説しています。
 このようにすべての物質及び生命は、この4種類のドーシャで維持されており、このドーシャを用いると、全ての現象を分かりやすく理解することができます。

 このようにアーユルヴェーダが伝える医学は、宇宙の真理に基づき、その高い見地から構築されたもので、健康や医療における「正しい基本概念」を開示するものです。
 特に個人の感性や意識を大切にし、自然治癒力を引き出すことや、病を予防することを重視する医学です。


▲pagetop